京都で創業180年余 - 漆器の老舗 漆器の井助 isuke

お問い合わせはこちら

075-344-9710


メルマガのご紹介

漆器マガジン バックナンバー (2013年5月1日号)

*********************************** 2013/5/1*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年5月1日号
          http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

ゴールデンウィークまっさかり!
京都も多くもお客様で賑わっています。

さて、今月のメルマガは

 ※ 5月のご奉仕品は超特価で!!

 ※ 今月の漆器の新商品 学生さんとのコラボ商品を紹介!

 ※ まだ間に合う!母の日におすすめの漆器

 ※ 京都展のお知らせ、ゴールデンウィークのお休み情報

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 5月の特別ご奉仕!

 今月は、既に売切りご奉仕している商品を、さらに超特価で!!
 
 木製漆塗りの盛鉢を、超特価でご奉仕! ★75%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/SIB-156.html

 こちらの木皿も、売切りにてさらに割引!! ★60%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/MK-538.html

 こちらは通常商品ですが、お子さんの初めての漆器に!★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/OI-705.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 5月の新商品

 今月は、2点ですが、どちらも人気になること間違いなしです!

 京都の学生さんとのコラボ企画。ハートモチーフのかわいいお皿。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/MA-758.html 

 人気の入れ子鉢の新バージョン。漆器王道の溜塗りです。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-743.html 

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

○ 母の日おすすめ漆器

 まだ間に合います。母の日のプレゼントにおすすめしたい漆器です。

 http://www.isuke.co.jp/special/mother.html 

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

5月は名古屋と札幌、2件行かせて頂きます。

これで今年上半期はすべて終了となりますので、
お近くの方は是非お越し下さい。

詳細のスケジュールはこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<ゴールデンウィークのお休みについて>

ゴールデンウィークの後半は、下記でお休みさせて頂きます。

5/3(金)~6(月)

お休み期間中に頂いたホームページからのご注文、お問い合わせは、
5/7(火)から順次対応させて頂きますので、
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#holiday

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

前回、漆を乾かすのは難しい、というお話だったのですが、
今回はその続編です。

漆がかわくのに適した条件は、
気温25度、湿度70%前後といわれ、
またかなり時間をかけてかわく、というお話でした。

これが漆を塗る難しさにも繋がるのですが、
逆に、それを利用した加飾技法が発達しました。

例えば、蒔絵の技法。
漆器でよく見る、金銀で絵を描いているものです。

筆を使って漆で模様や文字を描き、その上に金粉や銀粉を蒔いて
絵柄を表現する手法ですが、
漆が温度と湿度の兼ね合いで、ゆっくり固まるからこそ
時間を掛けて、緻密な絵柄を描くことが可能になるのです。

蒔絵は、古くは奈良、平安時代からから用いられており、
日本で最も発展した漆器の加飾技法です。

1000年以上の昔から、漆の特性を活かした技法が作り出され、
それが脈々と現代まで受け継がれているということに、
改めて驚きと畏敬の思いを感じます。

では、本日はここまで。


================================================
  あとがき
================================================

先日、今年の1月にパリで知り合ったドイツのデザインーが来日され、
お話しする機会がありました。

その際にお聞きしたのですが、
彼がデザインする際にいつも基本にしている考えの1つに
「商品自体が使い方や機能を示してくれる」
というものがありました。
(これを示す1つのワードがあるのですが、失念してしまいました)

要は、本当に良い商品というのは、説明書などは必要なく、
それを見ただけで大体の使い方や機能、用途が自然と分かるように
デザインされていないといけない、ということらしいです。

これは、ドイツのデザインの基本的なコンセプトの1つのようですが、
例えば、現在でも、アップルのiPadやiPhoneなどにも繋がる気がします。

また漆器に関しても、お客様が漆器を見たときに、
ご自身の生活の中で、どんなふうに使ったら便利か、また生活が素敵になるか、
といったことが自然とイメージされるような、そんな漆器がご提供できたら、
と改めて感じた次第です。

それでは、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/

*******************************

メールマガジン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

ページトップへ