京都で創業180年余 - 漆器の老舗 漆器の井助 isuke

お問い合わせはこちら

075-344-9710


メルマガのご紹介

漆器マガジン バックナンバー (2013年8月1日号)

*********************************** 2013/8/1*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年8月1日号
          http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

7月といえば、京都は祇園祭の月です。
何となく、気分が盛り上がってくるから不思議ですね。

さて、今月のメルマガは

 ※ 8月のご奉仕品は、人気のお椀を中心に!!

 ※ 今月の漆器の新商品 おしぼり受けなど5点

 ※ 夏季休暇のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 8月の特別ご奉仕!

 今月は、人気のお椀を中心に4点を特別ご奉仕!!
 
 井助の超ロングセラーの汁椀。普段使いに最適! ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/AT-272.html

 子供用の可愛いお汁椀も特別ご奉仕!★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/NC-568.html

 男性にも人気の大きなお椀。麺類やどんぶりにおすすめ! ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/O-1368.html

 ちょっとしたプチギフトにおすすめの独楽デザイン。 ★25%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/WK-7.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 8月の新商品

 今月は、食卓の小物など5点をアップしました。

 夏のこの季節にぴったりの緑爽やかなおしぼり受け。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/G8-12606.html

 ちょっと珍しい漆器のピッチャー。テーブルのおしゃれな演出に。
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/G8-07806.html

 ピンクとグリーンの爽やかな色合いの夫婦箸。結婚の御祝いに。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/chopsticks_spoon/G8-17307.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<夏季休暇のお知らせ>

当店では、夏季休暇として下記の期間お休みさせて頂きます。

8/13(火)~18(日)

お休み期間中に頂いたホームページからのご注文、お問い合わせは、
8/19(月)から順次対応させて頂きますので、
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#holiday

<京都展のお知らせ>

8月は珍しく、当店での京都展出展が1件もありません。

9月になりましたら、また秋の京都展が始りますので、
しばらくお待ちくださいませ。

9月からののスケジュールはこちらをご覧下さい。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

前回、轆轤(ろくろ)での木地製作のお話をしましたので、
今回はその元になる木地のお話を。

漆器といえば、もちろん木製のものが王道ですが、
その中でも高級品として愛用されているのは、
間違いなく、欅(けやき)です。
これは何も漆器に限らず、建築材などとしても良材とされています。

元々、日本の広い範囲で生育していたので、馴染みがあったのでしょうが、
漆器に使われる理由は大きく2つあると思います。

1つめは、堅くて耐久性、耐湿性に優れていること。
漆器の場合、日常の食器としても普段から使用しますので、
この点は非常に重要ですね。

そして2つめは、木目が非常に美しいこと。
1品1品微妙異なる木目が楽しいです。

特に、漆を布にしみ込ませ塗る「拭き漆」の場合は、
漆が木目にしみ込んでいって、一層はっきりと浮かび上がり、
とても美しい表情を見せてくれます。

その他、「目はじき」といって、黒や朱の漆で塗るのですが、
木目を潰さずに、木目がそのまま残る塗り方で塗る場合もあります。
これも漆の朱や黒と相まって、欅の美しさを際立たせます。

また最近では、透明の塗料を塗って、より欅の風合いを
そのまま表現したような商品が人気があります。
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/holder/cup/KC-101.html

逆にこのような理由から、木目を潰して漆を塗る場合、
欅を素材に使うのは少しもったいないです。
ですから、木目の美しさは欅には劣るものの、
堅さはそこそこある栃や栓(せん)、桜といった木を使用することが
一般的です。

こういうふうに、塗り方とあわせて素材を選ぶ、
というのも、漆器を制作する上で重要になってくるのです。

それでは今日はこのあたりで。

================================================
  あとがき
================================================

弊社で昨年度取り組んでいました、
海外市場を開拓する京都市のプロジェクトに
今年度も参加させて頂くことになりました。

フランスと上海の展示会に向け、
このプロジェクトのプロデューサーやフランス、上海のアドバイザー、
日本のプロダクトデザイナーと一緒に打合せも行い、
新商品開発への取り組みをスタートさせています。

弊社としては、昨年開発した「MOKU」シリーズを
よりブラッシュアップして、アイテムを発展させることになりそうです。

このプロジェクトでは、
一緒に取り組む他の伝統工芸のメンバーの方も含め、
いろいろな方との出会いや意見交換の場があり、
非常に刺激を受けることが多いです。

いろいろなアイデアを頂きながら、普段の生活で使って頂けるような
楽しくておしゃれな漆器を作っていければと思います。

また、このプロジェクトの進展をご報告することもあると思いますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

メールマガジン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

ページトップへ