京都で創業180年余 - 漆器の老舗 漆器の井助 isuke

お問い合わせはこちら

075-344-9710


メルマガのご紹介

漆器マガジン バックナンバー (2013年12月2日号)

*********************************** 2013/12/2*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年12月2日号
                 http://www.isuke.co.jp/

**************************************************

今年はいよいよ1ヶ月となりました。
京都もそろそろ本格的な冬の到来、といった感じです。

 ※ 12月のご奉仕品 定番のお重箱や吸物椀をご奉仕!!

 ※ 今月の漆器の新商品 お正月向けのお重箱はいかが?

 ※ 京都展のお知らせ、年末年始の休業のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 12月の特別ご奉仕!

 今月は、毎年恒例のお重箱や吸物椀箱を特別ご奉仕!!
 
 定番の木製漆塗りの重箱。売り切れご免の3サイズ。★30~34%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/MA-999.html 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/MA-480.html 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/MA-553.html

 井助1番人気の吸物椀を特別にご奉仕! ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/cooked/MA-319.html

 お正月に向け、独楽文様のボンボン入れもご奉仕!★24%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/NC-538.html

 在庫限りの木製漆塗りの丸盆。売切りご免で絶対お買い得です ★50%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/tray_mat/tray/SEK-85.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 12月の新商品

 今月は、お重箱を中心に4点をアップしました。

 小ぶりなのお重箱が2サイズ。独特の塗りに螺鈿がはいっておしゃれ。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/MA-777.html 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/MA-778.html

 ありそうでなかった丸2段のオードブル重。仕切り付きで便利。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/MA-779.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<年末年始の休業について>

当店は、12/29~1/5の8日間、
お休みさせて頂きます。

お休みについての詳細は、こちらでご確認下さい。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#holiday

<京都展のお知らせ>

今年の京都展も先月までですべて終了いたしました。
今年も皆様に足を運んで頂き、ありがとうございました。

来年も1月から京都展に行かせて頂きます。
4月までのスケジュールをアップしましたので、
ご覧下さいませ。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji


=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

今回はお正月前ということで、ちょっと趣向を変えて、
以前も書きました、「縁起もの」の話を再掲します。

お正月といえば、「おせち」を思い浮かべますね。
おせちの中に入れるお料理は、日持ちするもの、ということもありますが、
それぞれ長寿や豊作など、縁起の良いものを入れているのは有名です。

そしてそのおせちを入れる「お重箱」もそのようで、
重ねて積むことから、「よろこびが重なる」という意味合いも
込められているそうです。

また、お正月にあそぶ「独楽」。
独楽は、勢いよく廻ることから、
「お金がまわってくる」「運気がまわってくる」という
縁起物としても考えられているそうです。

その他、ご祝儀を入れる熨斗袋。
最近は印刷されたものがほとんどですが、
熨斗袋は、真ん中に紐(水引)を結んだデザインになっていますね。

元々、「結ぶ」ということ自体が、
縁を結ぶ、とか、繋ぎ止める、という意味で縁起が良いこととされていますし、
水引の結び方も、一般的に何度起こっても良いお祝いは、
蝶結び(何度も結び直せるから)
1度だけでよい御祝いごと(結婚や快気祝い)には、
結び切り(結び直せない結び方)
というふうに使い分けているのです。

ちなみに、このように熨斗の体裁がお祝い事によって異なるので、
当店のサイトでも、ご注文の際、ギフトの用途なども聞くようにしているのです。

このように、動物や花、植物だけに「縁起」を求めるのではなく、
「重ねる」「廻る」「結ぶ」といった動作にも縁起を重ねる、というのは
なかなか面白いことだと思いませんか?

余談ですが、中国の方も縁起をすごくかつぐらしいですが、
先日、中国の販売会で250元の商品を販売したら、
わざわざ251元お支払頂きました。
「250」という数字が駄目なようで、損してでも避けられました。

年末からお正月にかけては、そんな縁起担ぎのものが溢れるでしょうから、
ちょっとその意味合いを考えてみるのも楽しいですね。

================================================
  あとがき
================================================

先日、西安にミニ京都展で行って参りました。

西安は昔の長安で、長く中国の都であったことから、
昔から京都との交流が深いようです。

平安京を建設する時、当時の長安の街づくりをまねて、
道路を碁盤の目に配したのは有名ですね。

そういう意味では、京都のお兄さん(?)的な存在なのですが
文化大革命のときに古い建物の多くが壊されたそうで、
地元の方はそれをとても残念がっておられ、
古い建物や町並みが今でも残る京都を逆に羨ましがっておられました。

現在、古い街並みを模した地域開発も行っているようですが、
その際、古い建物のデザインとして、京都の寺院などを参考にした、
という話も聞き、とても興味深かったです。

一旦壊してしまうと元通りにはできない、という単純なことを
改めて感じ、漆器のことや身の回りのことにも翻って考えた次第です。
なかなか難しいですね。

それでは、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

メールマガジン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

ページトップへ