京都で創業180年余 - 漆器の老舗 漆器の井助 isuke

お問い合わせはこちら

075-344-9710


店長ページ

店長のページ

漆塗り・漆器販売の「井助商店」をいつもご愛顧いただき、まことにありがとうございます。
このページでは店長の思いや漆器に対する考え方、プロフィールなどを掲載しています。


店長ご挨拶

「漆器の井助」店長の沖野と申します。
いつも当店をご愛顧いただき、まことにありがとうございます。
お蔭様で日々楽しく、皆様に漆器をご提供させて頂いております。

私や当店のスタッフが日々どのような思いを持って仕事をしているか、少しでもご理解いただいて、
親近感を持っていただきたいと思い、ここでご紹介させて頂きます。

これをお読みいただいて、私をお店や催事場で見かけられましたら、気軽にお声掛けくださいませ。


店長の思い

「うるし」という言葉は、元々「うるわしい(麗しい)」という言葉が転じた、と一説には言われています。

漆器を通じて、皆様の生活に「麗しさ」や「潤い」をもたらしたい、という思いで取り組んでいます。
漆器は、決して晴れの日の特別なものとしてだけではなく、日常生活に溶け込んで使われるべきものと思っています。

生活様式が和から洋のスタイルに変化した現代であっても、漆器は決してそのスタイルに溶け込めないわけではなく、
デザインやフォルムを少し変えるだけで十分に生活に溶け込んで、まさに「潤い」を与えてくれます。

そんな漆器を企画し、提供していきたいと考えています。


井助の漆器についての考え

プチ手鏡

漆器に携わる方の中には、素地は木製で、塗りは漆塗りのものだけが漆器で、例えば木粉を固めた木粉加工品や漆以外の塗料を塗ったものを全く否定してしまう方もいらっしゃいます。

私はそういうものも含んで「漆器」として捉え、お客様のニーズにあったものをご提供していくことで、漆器の知名度や認識といたものを高めて行きたい、と考えます。

例えば、漆器を全く知らない若い世代の方でも、比較的安価でデザインのかわいらしい漆器をお使い頂くことで、まず、他の商品にない漆器のすばらしさを少しでも分かって頂き、その後さらに奥深い漆塗りのものに進んで頂く、という活動が必要だと思っています。

そういう中では、私たち漆器を販売するものが、お客様にきちんとその商品の素材や塗りの内容をお伝えし、漆器への理解を深めて頂くことが必要だと思っています。


店長のプロフィール

■ 生い立ち

神戸の出身です。
大学時代に知り合った今の妻の実家がこの会社だったので、 縁あってこの仕事をすることになりました。

大学の専攻も理系で、以前勤めていた会社もお堅い鉄鋼メーカーでした。
そういう意味では、この会社に入ってから漆器のことを知るようになったのです。

最初は戸惑うことも多かったですが、今では全くの素人だったからこそ、
へんなこだわりもなく、「お客様の目線で漆器をご提供することができる」と思っています。

■ 趣味

読書(読むほとんどが、国内のミステリーです)。
好きな作家は、今は横山秀夫とか伊坂幸太郎。

■ 性格

まあ総じて温厚な方でしょうが、ときどき爆発します(笑)。
明るい性格で、調子に乗るとよくしゃべります。
友人の話にもどんどん突っ込みを入れています。

■ 好きな言葉

「生きているだけで丸儲け」

中学生の頃、明石家さんまさんが言っているのを聞いて、この言葉が好きになりました。
どんなに困難なことがあっても、こう思うことで新たな気持ちで立ち向かえるような気がする
とても前向きな言葉であり、いろいろなことに感謝できる言葉だと思います。
(今まで、そんな大そうな困難なこともなかったのですが)

■ こだわり

いわゆる「もの」に対するこだわりは、ほとんどないです。
それよりも「いかに時間を楽しく過ごすか」というこだわりの方が多いかもしれません。
(「もの」より「思い出」、という感じでしょうか)

漆器についても、漆器そのものの良さはもちろんですが、それよりもその漆器を使うことで、
例えば 「どんなに食事が楽しくなったか?」「どんなに気持ちが満たされたか?」
ということの方が大事ではないか、と思っています。

■ 将来の夢

漆器を通じて、日本の素晴らしさを世界の人々に広めたい!

皆様、今後ともご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


代表取締役 沖野俊之

店長日記はこちら

メールマガジン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

ページトップへ