メルマガのご紹介

漆器マガジン バックナンバー (2013年1月7日号)

*********************************** 2013/1/6*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年1月7日号
              http://www.isuke.co.jp/

**************************************************

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年1回目のメルマガは

 ※ 今年も頑張ります!特別ご奉仕企画!!

 ※ 新年の漆器の新商品 6点をアップ!

 ※ 京都展、パリの展示会出展のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 1月の特別ご奉仕!

 今年も頑張ります、特別ご奉仕企画。

 今回は普段使いに重宝する漆器を3点、SALEします。
 
 漆の洗朱がきれいなサラダボウル ★31%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-516.html

 上記とセットほしい、小鉢5客揃え。 ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-517.html

 木製漆塗りのお椀でこの価格は絶対おすすめ ★26%OFF★ 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/AT-447.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 1月の新商品

 今月は、新年から新しく使ってほしい、との思いから、
 ご飯椀やお椀などをアップしました。

 例えば...

 丈夫な塗りの飯椀。素朴な飽きのこない塗りです。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/G8-04711.html 

 内側に唐草の絵が入ったおしゃれなお椀。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/G8-03803.html

 珍しい漆塗りのそば猪口セット。焼酎カップにも。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/G8-04505.html 

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html 

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

本年も早速1月9日から京都展が始まります。
1月は名古屋と郡山です。

今年も頑張って全国各地に行かせて頂きますので、
是非お立ち寄り下さい。

詳細のスケジュールはこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<パリの展示会に出展します>

バイヤーさん対象の展示会ですが、下記の展示会に出展します。

1.Marion Vidal ギャラリー
    日時:2013年1月20日(日)~22日(火)

2.メゾン・エ・オブフジェ(Maison & Objet)
    Hall 7 D117 京都ファッション協議会「京都コネクション」ブース内
    日時:2013年1月18日(金)~22日(火)


=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

漆と聞くと、「触るとかぶれる」というイメージを持つ方も多いと思います。
なので、今回は「漆って、かぶれないの?」についてです。

山で、漆の木に触れてかぶれたことがある、という方も多いでしょう。

漆以外にもかぶれる木はあるので、
実際にその木が「漆の木」であるかどうかは確かではないですが、
漆(漆器ではなくて樹液の方)に触れるとかぶれる方は非常に多いと思います。

私たちのような漆を扱う仕事では特に、
漆の原液に触れてかぶれることはよくあります。

一番ひどいのは、手などに付いたのをそのまま気付かずにいて、
知らない間に体のいろいろなところに触れて、
いたる所がかぶれてくる、というような場合です。

ただ、何回かかぶれると免疫が出来るのか、
かぶれることが少なくなる、といわれています。

漆の場合は、やはり気をつける必要がありますが、
皆様がお使いになる、漆を塗って製品となった「漆器」の場合は、
通常はきちんと乾かしたあとで販売していますので、
かぶれることはまずありません。

ただ、漆の乾きが不十分である場合、
特に座卓などの大きなものの場合は、
お使いになられる方の体質にもよって、
かぶれたりすることもあると聞きますが、非常にまれな場合かと思います。

とはいうものの、漆を扱う職人さんたちは、
そのような漆かぶれを克服して、漆器を塗っているのだと
ご理解いただければ嬉しいです。

それでは、今月はここまで。

================================================
  あとがき
================================================

イベント情報のところでも触れましたが、
今月、パリの展示会に出展させていただきます。

特に、「メゾン・エ・オブジェ」という展示会は、
インテリアやテーブルウェアでは世界でも最高峰の展示会とされています。

井助は単独の出展ではなく、スペースも決して大きくはないのですが、
今回、新たに制作した漆器を出展しますので、
フランスやヨーロッパに方々の反応が非常に楽しみです。

今、その準備でばたばたなのですが、
是非とも漆器や木の器というものが、
ヨーロッパの方々に認知されるように、頑張ってきたいと思います。

また皆様にもご報告できれば、と思います。

それでは、本年もご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年2月1日号)

*********************************** 2013/2/1*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年2月1日号
        http://www.isuke.co.jp/

**************************************************

京都は冬真っ盛り。
あと1ヶ月くらいで、寒さもおさまるでしょうか?

さて、今月のメルマガは

 ※ 2月の特別ご奉仕!!

 ※ 今月の漆器の新商品 6点をアップ!

 ※ 2012年 年間ランキング発表

 ※京都展のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 2月の特別ご奉仕!

 今月の特別ご奉仕は、元々お手頃価格の漆器をよりお買い求めやすく!
 
 ちょっと形がおもしろい、カフェ椀。まとめ買いおすすめ!★33%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/holder/cup/MK-460.html

 同じ形の箸置きですが、バリエーションが合計5種類。お好みで。 ★30%OFF★

 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/rest/NC-487.html
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/rest/NC-486.html 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/rest/NC-678.html

 ロングセラーのおしゃれな花生けを特別価格で。 ★32%OFF★ 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/flower/SIK-61.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 2月の新商品

 今月は、やっぱり寒い季節はお椀でほっこり、
 ということで、夫婦椀などのお椀をアップしました。

 例えば...

 お子様用のお椀・スプーン・お箸のセット。かわいいです。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/G8-04001.html 

 大きめのお椀で使い勝手抜群。白漆がおしゃれ。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/G8-06001.html

 ちょっとおしゃれなフォルムの夫婦椀。梅の絵柄がかわいい。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/G8-05702.html

 一生お使い頂ける蓋付きの夫婦椀。結婚のお祝いに。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/cooked/G8-04901.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html 

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<2012年年間ランキングの発表>

昨年2012年の当店サイトでの人気ランキング(ご購入数量)を発表しました。
ギフトでのまとめ買いが多い定番の商品がランク上位に来る中、
企画商品や新商品などもランクイン。

お客様がいろいろな視点で吟味してご購入頂いている様子が分かります。
皆さんも商品検討のご参考にぜひ!
http://www.isuke.co.jp/info/ranking.html

<京都展のお知らせ>

2月も4ヶ所、京都展に行かせて頂きます。
沖縄、大阪阿倍野、高知、船橋です。
(高知は、当店初出展となります。

詳細のスケジュールはこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

今回のうるし・漆器の豆知識は、以前にもお話したことのある
「漆の黒」についてです。

皆さんは、「漆黒(しっこく)」という言葉はお聞きになったことがあるでしょう。

非常に深くて黒い、また光沢のあるような黒の場合に
使われるようですが、元々はまさに「漆の黒」という意味ですね。

実は、この漆の黒は、他の物質にはないオリジナルの黒なのです。

漆の木から採取され、精製された漆の色は、
半透明の飴色のような色合いですが、
これに漆の精製の過程で、鉄分を加えることによって、
漆と鉄分が化学反応を起こして、
黒く変色したのが、漆の黒なのです。

ですから、漆の黒は、顔料を混ぜたものではなく、
漆のオリジナルの黒ということになります。

この黒は、他の黒では表現できない、深みのある独特の黒なので、
そのような漆の黒色を表す言葉として、
「漆黒」という言葉が生まれたのでしょう。

「漆黒」という独特な黒を表現できる、ということが
漆が他の塗料と違う大きな特徴のひとつでもあるんですね。

そんな背景を感じつつ、
あらためて黒塗りの漆器をご覧いただくと、
また愛着が出てくるのではないでしょうか?

今日はこのあたりで。

================================================
  あとがき
================================================

先月、パリの展示会に出展し、私自身も渡仏して来ました。

これまでにもアメリカやドイツの展示会などにも参加したことがありましたが、
パリの「メゾン・エ・オブジェ」という展示会は、また独特のものがありました。

特にデザインへのこだわりが大きく感じられ、またバイヤーさんも
いわゆる欧州のビッグブランドの方々が間近に感じられました。

当店は、京都の他の企業さんとの共同出展で小さなスペースでの出展でしたが、
非常に多くのバイヤーの方に興味を持って頂けたと思います。

今回は、フランスのコーディネーターや日本のデザインナーのアドバイスも頂き、
今までの当店の商品にはない、木の素材感やナチュラル感を前面に打ち出した
商品を製作しました。
そのあたりのポイントが、ちょうど今の欧州のトレンドにもあったのでは、と思っています。

まだまだ小さな一歩ですが、欧州での漆器の普及に向け、
少しでも前進できたのでは、と思います。

今回の商品は、国内でも販売予定ですので、
お披露目までもう少しお待ち頂ければ幸いです。

それでは、引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
*******************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年3月4日号)

*********************************** 2013/3/4*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年3月4日号
            http://www.isuke.co.jp/

**************************************************

あっという間の3月。
これから京都は、お花見に向けて盛り上がりますよ。

さて、今月のメルマガは

 ※ 3月のやっぱり特別ご奉仕!!

 ※ 今月の漆器の新商品 6点をアップ!

 ※ 京都展、パリ凱旋展、上海ギフトフェア のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 3月の特別ご奉仕!

 今月は春先取り!というわけでもないですが、
 ちょっとかわいく、派手めのデザインの漆器を特別ご奉仕!!
 
 まさに桜の形をしたランチョンマット。
 両面使えてお値打ちです。 ★21%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/tray_mat/mat/NC-559.html

 派手な「独楽ライン」のデザインが人気。
 重箱からミニ重まで3つともご奉仕。  ★30%~24%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/NC-598.html 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/NC-600.html  
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/NC-602.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 3月の新商品

 今月は、箱物の新商品をアップ。
 ちょっとかしこまった贈答品にもおすすめです。

 例えば...

 就職祝いや就任祝いなどにおすすめの名刺箱。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/zakka/G8-13102.html 

 こんなのもあるんです。漆器のくず入れです。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/lacquer/G8-13611.html

 新築祝いや引っ越し祝いにも人気の引き出し。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/lacquer/G8-14502.html

 ビジネス関連のお祝いや海外へのギフトにも。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/zakka/G8-14102.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html 

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

3月も1年の中でも京都展が多い季節。
井助も関東を中心に6ヶ所、行かせて頂きます。

船橋、仙台、横浜、池袋、大宮、新宿です。

詳細のスケジュールはこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<パリ凱旋展のお知らせ>

1月のパリ「メゾン・エ・オブジェ」出展を記念して、
「Kyoto Connection in Tokyo」レセプション&展示会を
東京で開催します。

日時:3月6日(水) レセプション 17:30~19:00
   3月7日(木) 展示会 11:00~17:00
場所:代官山ヒルサイドテラス:C-GALLERY(C棟1階)

詳細につきましては、下記をご参照下さい。
http://www.fashionkyoto.com/kyoto-connection/news/kyoto_connection_in_tokyo2013.html

<上海ギフトフェア出展のお知らせ>

今年も、当店独自の展示ブースにて
上海のギフトフェアに出展します。

ご興味にある方は、こちらをご覧下さい。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#shanghai

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

今回は、昨年の販売数量ランキングの結果を踏まえて、
お客様の最近の漆器のご購入の傾向をご紹介したいと思います。

まずは、やはり「ご自宅使い」で漆器をご購入頂くことは多いですが、
以前のように、お椀が圧倒的、という感じではなく、
ランチョンマットやカップ、手鏡といったアイテムに広がりを見せています。

また、家族が少なくなっているせいか、家族分を5つ1セットで、というご購入ではなく、
ご自身の気に入った漆器を、少しだけでも日常の生活のアクセントに使いたい、
というお客様が多いように感じます。

ご贈答用に関しては、まずは、
漆器を引き出物にお使い頂くことが復活してきたような気がします。

一時期、若い方の間で漆器の認知度が低くなり、
引き出物としてお使い頂くことが激減したのですが、
特にインターネットのおかげで、目に触れることも増えてきています。

引き出物に「漆器を選ぶ」というよりは、
「気に入ったものを選んだら漆器だった」という感じが多いような気がします。

特に漆塗りの高級感や品質への安心感、といったものが
見直されているのでは、と思っています。

そして、当店特有の傾向かもしれませんが、
比較的お手頃な漆器、例えば、しおりやコースターなどを、
プチギフトとしてご購入頂くことも多くなっています。

当店でも以前はあまり扱っていなかったのですが、
海外向けの商品を開発する際に、そういう商品もラインナップすることになり、
結果として、意外と国内でも人気になっています。

海外の方への贈り物やちょっとしたお土産としてが多いようですが、
お値段と比較すると上品で高級感のある漆器が喜ばれているようです。

その他、もう少し細かく見ていきますと、
もっといろいろな流れといったものを感じるのですが、
とりあえず、今日はこのあたりで。

================================================
  あとがき
================================================

先にも書きましたが、
お客様の漆器ご購入の傾向、といったものが
時代の変化により、はっきりと変わってきているような気がしています。

私たちの立場からすると、その変化をきちんと把握して、
やはり、生活の中でお使いいただけるような商品を
ご提供していかなくては、と改めて感じました。

装飾品として、見て美しいものももちろん結構なのですが、
漆器はやはり使われてこそ、という気がします。

特に漆器は、欧米にはない「木の器」という
日本独特の文化を担っているのでは、と感じています。

最近は、食器洗い乾燥機や電子レンジの使用といった、
漆器にとってはなかなかつらい生活環境の変化もあるのですが、
そのあたりもうまく乗り越えていかなくてはと思います。

そして、時代の変化に対応しつつ、いつか
自らが生活環境の変化を起こせるようなものが作れたら、
と思っています。

皆様のご意見などもまたお聞かせ頂ければ幸いです。

それでは、引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年4月2日号)

*********************************** 2013/4/2*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年4月2日号
           http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

京都は今、まさに桜満開です。
皆さんのところはいかがですか?

さて、今月のメルマガは

 ※ 4月のやっぱり特別ご奉仕!!

 ※ 今月の漆器の新商品 3点をアップ!

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 4月の特別ご奉仕!

 今月は、井助人気の入れ子の鉢などをご奉仕します!!
 
 井助の入れ子商品の原点、七つ入れ子鉢 ★31%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-353.html

 やっぱり木製の入れ子のお椀を、という方は、是非この機会に。 ★33%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/NC-668.html

 かわいいプチ手鏡。ひと足お先に母の日の贈り物にも。★32%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/mirror/hand_mirror/MA-634.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 4月の新商品

 今月は、春の花からの連想で、
 漆器の花生けを新たにご紹介しています。

 例えば...

 モダンなデザインで、和洋を問わないおしゃれな花器。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/flower/G8-14803.html

 ラインの蒔絵がセンス良いです。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/flower/G8-14705.html 

高級感があって、新築祝いや引っ越し祝いにも。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/flower/G8-14703.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html 

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

4月は京都展はお休みしています。
(大宮は本日までですが)

5月、6月は2件だけですが、新たにスケジュールをアップしています。

詳細のスケジュールはこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<ゴールデンウィークのお休みについて>

ゴールデンウィーク期間中、下記の間、お休みさせて頂きます。

4/27(土)~29(月)
5/3(金)~6(月)

お休み期間中に頂いたホームページからのご注文、お問い合わせは、
それぞれのお休み明けから順次対応させて頂きますので、
よろしくお願いいたします。

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

今回は、「漆ってどのようにして固まるの?」についてご説明します。

塗った漆が固まっていくことを、漆がかわく、といいますが、
この「かわく」というのは、皆さんが普通に思う「乾く」とは全く違うのです。

例えば、洗濯物が乾く、という場合。
これは、洗った洗濯物を干して、洗濯物の中に含まれている水分が
空気中に飛んでしまうことを、いわゆる「乾く」と言います。

通常の塗料も、塗料に含まれる溶剤(シンナー)が空気中に抜けていって
塗料の樹脂分が、塗ったものの上で固まっていく、というのが一般的です。

しかし、漆の場合は、全くその逆で、空気中の水分を漆が取り込み、
その中の酸素と漆の成分が結びつくことで固まっていくのです。

漆がかわくのに適した条件は、
気温25度、湿度70%前後といわれています。

ですので、1年の内で最も漆が乾きやすい気候は、
洗濯物の乾きにくい梅雨時期なのです。

逆に冬は気温が低く、空気も乾燥していて、
普通にしていたら全く漆は固まりません。

なので、漆を塗る「塗師屋」さんでは、
「むろ」と呼ばれる、湿度と温度を管理した部屋を作って
そこに塗った漆器を入れて乾燥させるのです。

通常の化学塗料のように、
短時間に間違いなく乾燥するものと違うので、
この乾燥の工程が、漆塗りの良し悪しを決める
大きな要因にもなっています。

漆は塗るのが難しい、と言われる1つの要素でもあるのです。

でも、漆は空気中の水分を取り込んでゆっくりとかわくので、
他の塗料ではできないようなこともできるのです。

その話はまたの機会にして、本日はここまで。


================================================
  あとがき
================================================

昨年から当店でも取り組んでいる、
海外向けの商品開発と展示会出展のプロジェクトが
おかげさまで、新聞やテレビなどでも注目を集めるようになって来ました。

先日も、当店もこのプロジェクトの件でNHKさんに取材を受け、
約5分間の特集にも出演させて頂き、
3月終わりから3回ほど、NHKさんの違う番組で紹介して頂いています。
http://www.isuke.co.jp/info/media.html#2013

もちろん、当店自身の宣伝にも繋がれば嬉しいですが、
テレビを見た方が「こんな漆器もあるんだ」というように
漆器そのものに興味を持って頂ければ、と思っています。

テレビで放送された商品は、まだ国内での販売していませんが、
近々、出来上がってくる予定ですので、
そのときにはまたご紹介させていただきます。

このプロジェクトも是非継続して取り組んで行きたいと思っています。

それでは、引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年4月18日号)

*********************************** 2013/4/18*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年4月18日号
            http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

京都もいよいよ暖かくなってきて、
やっと本格的に春の雰囲気です。

さて、今回は号外版で、

 ※ 母の日特集ページのご紹介! 

 ※ ゴールデンウィークのお休みについて
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 母の日特集ページをアップしました。

 今年の母の日は5/12(日)。

 母の日ギフト向けの新商品もあります!


 母の日はやっぱりカーネーションの贈り物。
 人気のプリザーブドフラワーと漆器のコラボ 新商品。 送料無料!
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/flower/NAT-9.html

 昨年の母の日1番人気はこれでした。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/interior/flower/NAT-4.html

 オンリーワンのギフトに ★送料無料&名入れ無料★のプチ手鏡。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/mirror/hand_mirror/MA-504.html

 井助定番の手鏡も送料無料!母の日に関係なくても欲しいですね。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/mirror/hand_mirror/SIB-2.html

 毎年、カップ類は人気ですが、今年の一押しはこれ!
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/holder/cup/MA-753.html

 この際、父の日もあわせて、夫婦のお箸はいかが?
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/chopsticks_spoon/HAS-16.html

 その他にも、母の日おすすめギフト満載。
 母の日特集ページはこちらから。
 http://www.isuke.co.jp/special/mother.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<ゴールデンウィークのお休みについて>

ちょっと前にお正月が明けたと思ったら、
もうゴールデンウィーク、という感じですが
井助では下記の期間お休みを頂きますので、ご了承下さい。

4/27(土)~29(月) お休み
4/30(火)、5/1(水)、2(木) 営業しています
5/3(金)~6(月)   お休み

お休み期間中に頂いたホームページからのご注文、お問い合わせは、
それぞれのお休みのあとから、順次対応させて頂きますので、
ご理解の程、よろしくお願いいたします。


================================================
  あとがき
================================================

 上でも紹介しましたが、毎年、母の日に向けて
 プリザーブドフラワーとのコラボ商品を新しく開発しています。

 コラボというのは、思った以上になかなか大変なものなのですが、
 今まで取り扱っていた漆器が、コラボすることで
 また新たな雰囲気を醸し出したりすると、嬉しく思えます。

 今回の新商品でも、朱の牡丹彫りの上品さが、
 上にアレンジされたカーネーションの華やかさでより際立ったようで、
 とてもおもしろい雰囲気になったのでは、と思っています。

 コラボ企画は、お客様に今までにない商品をご提供する一方、
 私たちにとっても、今までの商品の新たな魅力を発見できる、
 良い機会かもしれないと感じています。

 それでは、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

================================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年5月1日号)

*********************************** 2013/5/1*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年5月1日号
          http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

ゴールデンウィークまっさかり!
京都も多くもお客様で賑わっています。

さて、今月のメルマガは

 ※ 5月のご奉仕品は超特価で!!

 ※ 今月の漆器の新商品 学生さんとのコラボ商品を紹介!

 ※ まだ間に合う!母の日におすすめの漆器

 ※ 京都展のお知らせ、ゴールデンウィークのお休み情報

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 5月の特別ご奉仕!

 今月は、既に売切りご奉仕している商品を、さらに超特価で!!
 
 木製漆塗りの盛鉢を、超特価でご奉仕! ★75%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/SIB-156.html

 こちらの木皿も、売切りにてさらに割引!! ★60%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/MK-538.html

 こちらは通常商品ですが、お子さんの初めての漆器に!★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/OI-705.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 5月の新商品

 今月は、2点ですが、どちらも人気になること間違いなしです!

 京都の学生さんとのコラボ企画。ハートモチーフのかわいいお皿。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/MA-758.html 

 人気の入れ子鉢の新バージョン。漆器王道の溜塗りです。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-743.html 

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

○ 母の日おすすめ漆器

 まだ間に合います。母の日のプレゼントにおすすめしたい漆器です。

 http://www.isuke.co.jp/special/mother.html 

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

5月は名古屋と札幌、2件行かせて頂きます。

これで今年上半期はすべて終了となりますので、
お近くの方は是非お越し下さい。

詳細のスケジュールはこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<ゴールデンウィークのお休みについて>

ゴールデンウィークの後半は、下記でお休みさせて頂きます。

5/3(金)~6(月)

お休み期間中に頂いたホームページからのご注文、お問い合わせは、
5/7(火)から順次対応させて頂きますので、
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#holiday

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

前回、漆を乾かすのは難しい、というお話だったのですが、
今回はその続編です。

漆がかわくのに適した条件は、
気温25度、湿度70%前後といわれ、
またかなり時間をかけてかわく、というお話でした。

これが漆を塗る難しさにも繋がるのですが、
逆に、それを利用した加飾技法が発達しました。

例えば、蒔絵の技法。
漆器でよく見る、金銀で絵を描いているものです。

筆を使って漆で模様や文字を描き、その上に金粉や銀粉を蒔いて
絵柄を表現する手法ですが、
漆が温度と湿度の兼ね合いで、ゆっくり固まるからこそ
時間を掛けて、緻密な絵柄を描くことが可能になるのです。

蒔絵は、古くは奈良、平安時代からから用いられており、
日本で最も発展した漆器の加飾技法です。

1000年以上の昔から、漆の特性を活かした技法が作り出され、
それが脈々と現代まで受け継がれているということに、
改めて驚きと畏敬の思いを感じます。

では、本日はここまで。


================================================
  あとがき
================================================

先日、今年の1月にパリで知り合ったドイツのデザインーが来日され、
お話しする機会がありました。

その際にお聞きしたのですが、
彼がデザインする際にいつも基本にしている考えの1つに
「商品自体が使い方や機能を示してくれる」
というものがありました。
(これを示す1つのワードがあるのですが、失念してしまいました)

要は、本当に良い商品というのは、説明書などは必要なく、
それを見ただけで大体の使い方や機能、用途が自然と分かるように
デザインされていないといけない、ということらしいです。

これは、ドイツのデザインの基本的なコンセプトの1つのようですが、
例えば、現在でも、アップルのiPadやiPhoneなどにも繋がる気がします。

また漆器に関しても、お客様が漆器を見たときに、
ご自身の生活の中で、どんなふうに使ったら便利か、また生活が素敵になるか、
といったことが自然とイメージされるような、そんな漆器がご提供できたら、
と改めて感じた次第です。

それでは、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/

*******************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年6月3日号)

*********************************** 2013/6/3*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年6月3日号
           http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

いよいよ梅雨の季節ですね。
京都も、早くも先週梅雨入りしました。

さて、今月のメルマガは

 ※ 6月のご奉仕品は、人気の商品を特価で!!

 ※ 今月の漆器の新商品 渾身のシリーズが遂に登場

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 6月の特別ご奉仕!

 今月は、井助の定番人気商品や新商品をご奉仕!!
 
 新商品の入れ子鉢を、いきなりご奉仕! ★31%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-743.html

 井助定番の上品な箸置きも、珍しくご奉仕!★21%OFF & 送料無料★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/rest/NC-276.html

 木箱入りの夫婦箸がとってもお値打ち価格です。★29%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/chopsticks_spoon/HAS-16.html 
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/chopsticks_spoon/HAS-17.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 6月の新商品

 海外向けを意識して開発した渾身の新商品をご紹介。
 ナチュラルをコンセプトに、その名も「MOKU」シリーズです。
 既にフランスなどからご注文頂いています。

 積み重ねができるシンプルでおしゃれな MOKUカップ。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/holder/cup/KC-101.html

 朝のシリアルやヨーグルトなどにもお使い頂きたい MOKUボウル
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/KC-102.html

 パスタにぴったり MOKUパスタ皿。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/KC-103.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

6月は本日まで札幌で開催していますが、
これで上半期はすべて終了となります。

また下半期のスケジュールもお知らせしますので、しばしお待ちを。

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

前回、蒔絵のお話になりましたので、その続編を。

蒔絵は奈良時代には用いられていたようで、
平安時代に入り進歩し、室町時代には既に技法として確立されていた
といわれています。

ひと口に蒔絵と言っても、蒔く金や銀の粉の大きさや、
絵柄を肉持ちさせて高くするか、あるいは研ぎだすのか
といったことで、細かく分かれています。

蒔絵という1つの技法の中でも、
材料や仕上がり感を分けて、それぞれ突き詰めていくのは、
日本人らしい点ではないかと思います。

結果として、日本以外のアジア地域でも漆塗りの文化はありますが、
蒔絵は日本が飛びぬけて発展し、極められた技法となりました。

蒔絵の美しさが世界的に認められ、
「漆器=japan」 と表現される大きな要因になったのでは、と思います。

これまで長い間積み重ねられた技法へのこだわりと研鑽により、
現在の漆器の美しさが成り立っているのだと改めて感じます。

では、本日はここまで。


================================================
  あとがき
================================================

昨年から取り組んでいました、海外向けの新商品開発ですが、
「MOKU」シリーズとして、やっと皆さんにもお披露目することができました。
皆さんの印象はいかがでしょうか?

従来の「漆器らしさ」からは少し離れた感じですが、
漆器の基本となる素材の「木」そのものの風合いや美しさを
できる限り表現した形になっています。

また今回はデザインナーの方に参画頂き、
形やサイズ、全体のバランスなど、私たちだけでは
なかなか辿りつけないところまでサポート頂けたと思います。

結果として、元々漆器にあまり興味を持っていなかった方々にも
身近に感じてもらえるのでは、と思っています。

MOKUシリーズは、海外でも国内でも高い評価を頂いているので、
今後もさらにアイテムを拡大していければ、と考えています。

皆様のご意見などございましたら、またご連絡下さい。

それでは、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年7月1日号)

*********************************** 2013/7/1*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年7月1日号
              http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

7月といえば、京都は祇園祭の月です。
何となく、気分が盛り上がってくるから不思議ですね。

さて、今月のメルマガは

 ※ 7月のご奉仕品は、30%以上の割引で!!

 ※ 今月の漆器の新商品 盛鉢を中心に12点

 ※ 京都展情報 下半期のスケジュール

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 7月の特別ご奉仕!

 今月は、3点をすべて30%以上の割引でご奉仕!!
 
 この季節だからできる、人気の盃セットを超特価で! ★34%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/FK-10.html

 人気の白檀シリーズのボンボニエール。ギフトに!★31%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/MA-621.html

 おしゃれな重箱もご奉仕。この機会に!★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/box/multitiered/NC-609.html 

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 7月の新商品

 今月は、盛鉢、ボウル関係を中心に
 12点を一挙にアップしました。

 引き出物や内祝いにもおすすめできる、洋のデザインのボウル。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/G8-09503.html

 サラダもどーんと盛り付けられる大きいボウルでサーバー付き。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/G8-09005.html

 夏にもぴったりの色合いのおしゃれな盛り皿。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/G8-09801.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

早くも、今年下半期のスケジュールがほぼ決まりました。

今月は、京都展初開催で、当店でも7月の京都展は初めて、
と初めて尽くしで、広島に行かせて頂きます。

これも含め、下半期のスケジュールはこちらをご覧下さい。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<価格の見直しのお知らせ>

約20点の商品につきまして、2013年8月より価格の見直しを予定しており、
該当商品は各商品ページにその旨を記載しております。

現在の価格でのご注文は、7月末まで となりますので、
もしこれらの商品のご注文のご予定がございましたら、
お早めのご注文をおすすめいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

今回は、漆器の元になる木地を製作する話をしたいと思います。

漆器といえば、特にお椀や茶筒、お盆や茶托など、
丸いものを想像される方が多いでしょう。

これらは、挽き物(ひきもの)とも呼ばれ、
陶器の造形でも使うような1点を中心にして回る「轆轤(ろくろ)」を使用します。

例えばお椀の場合は、粗めに形作った素地の中心を固定して、
それをくるくる回して(陶器と違って横向きです)、
そこに細長い鉋(かんな)を当てて削っていくのです。

鉋は職人さんそれぞれが使いやすいように、
また刃を当てる角度や削り方にもよっても工夫して加工され、
1人で十数本用意しています。

しかも単純にお椀の形を作っていくだけでなく、
表面に細かい筋を付けたりもします。
まさにコンマミリ単位の匠の技ですね。

このようなろくろ挽きで筋や溝などをつけるやり方は、
総称して「加飾挽き」と呼ばれ、
蒔絵や沈金などの漆塗りの技の加飾とは違った、
造形による加飾になります。


そして、同じ形のものを何個も製作していくのですから、
改めてすごい技だと感心します。

最近は、特にお椀などは、軽さを追求した薄挽きが目立っていますので、
さらにろくろの技の見せ所が多くなっています。

漆器というと、表面の塗りや蒔絵に目が行きがちですが、
造形の技にも、とても奥深いものがあるんですね。

弊社で企画した「MOKU」シリーズは
まさにそのような「ろくろの技」が集約された商品なのです。
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/holder/cup/KC-101.html
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/KC-102.html
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/dish/KC-103.html

それでは今日はここまで。


================================================
  あとがき
================================================

先日、富山県の高岡で銅や錫製品を製造販売されている
「能作」の能作社長のお話を聞く機会がありました。

こちらの会社は、元々お茶道具や仏具に使う鋳物製品を
作られていたメーカーさんだったのですが、
現在では、小売店舗も百貨店などに設けて、
器や花生けなどの錫製品なども販売されていおり、
最近は国内だけでなく海外でも人気が高まっています。
ご存知の方も多いのではないでしょうか?

鋳物製品という、一般の方になかなか馴染みのない商品から
いかに商品を広げ、お客様を広げていったか、
とても参考になるお話でした。

特にご自身の会社だけでなく、
鋳物産地としての高岡全体の発展に尽力されていたり、
ひいては日本の伝統工芸全体の発展を考えられていたり、
とても印象に残りました。
(ご結婚されて会社を引き継がれた、という境遇が似ていて、
その点でも共感しました)

このように、従来の伝統工芸の領域から一歩も二歩も
発展されているのを見て、商品は違いますが、
漆器の可能性を再認識するとともに、
私たちもがんばらねば、と奮い立つ気持ちでした。

まだまだですが、皆様には引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/

********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年8月1日号)

*********************************** 2013/8/1*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年8月1日号
          http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

7月といえば、京都は祇園祭の月です。
何となく、気分が盛り上がってくるから不思議ですね。

さて、今月のメルマガは

 ※ 8月のご奉仕品は、人気のお椀を中心に!!

 ※ 今月の漆器の新商品 おしぼり受けなど5点

 ※ 夏季休暇のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 8月の特別ご奉仕!

 今月は、人気のお椀を中心に4点を特別ご奉仕!!
 
 井助の超ロングセラーの汁椀。普段使いに最適! ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/AT-272.html

 子供用の可愛いお汁椀も特別ご奉仕!★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/NC-568.html

 男性にも人気の大きなお椀。麺類やどんぶりにおすすめ! ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/soup/O-1368.html

 ちょっとしたプチギフトにおすすめの独楽デザイン。 ★25%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/WK-7.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 8月の新商品

 今月は、食卓の小物など5点をアップしました。

 夏のこの季節にぴったりの緑爽やかなおしぼり受け。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/G8-12606.html

 ちょっと珍しい漆器のピッチャー。テーブルのおしゃれな演出に。
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/small/syokutaku/G8-07806.html

 ピンクとグリーンの爽やかな色合いの夫婦箸。結婚の御祝いに。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/chopsticks/chopsticks_spoon/G8-17307.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<夏季休暇のお知らせ>

当店では、夏季休暇として下記の期間お休みさせて頂きます。

8/13(火)~18(日)

お休み期間中に頂いたホームページからのご注文、お問い合わせは、
8/19(月)から順次対応させて頂きますので、
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#holiday

<京都展のお知らせ>

8月は珍しく、当店での京都展出展が1件もありません。

9月になりましたら、また秋の京都展が始りますので、
しばらくお待ちくださいませ。

9月からののスケジュールはこちらをご覧下さい。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

前回、轆轤(ろくろ)での木地製作のお話をしましたので、
今回はその元になる木地のお話を。

漆器といえば、もちろん木製のものが王道ですが、
その中でも高級品として愛用されているのは、
間違いなく、欅(けやき)です。
これは何も漆器に限らず、建築材などとしても良材とされています。

元々、日本の広い範囲で生育していたので、馴染みがあったのでしょうが、
漆器に使われる理由は大きく2つあると思います。

1つめは、堅くて耐久性、耐湿性に優れていること。
漆器の場合、日常の食器としても普段から使用しますので、
この点は非常に重要ですね。

そして2つめは、木目が非常に美しいこと。
1品1品微妙異なる木目が楽しいです。

特に、漆を布にしみ込ませ塗る「拭き漆」の場合は、
漆が木目にしみ込んでいって、一層はっきりと浮かび上がり、
とても美しい表情を見せてくれます。

その他、「目はじき」といって、黒や朱の漆で塗るのですが、
木目を潰さずに、木目がそのまま残る塗り方で塗る場合もあります。
これも漆の朱や黒と相まって、欅の美しさを際立たせます。

また最近では、透明の塗料を塗って、より欅の風合いを
そのまま表現したような商品が人気があります。
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/holder/cup/KC-101.html

逆にこのような理由から、木目を潰して漆を塗る場合、
欅を素材に使うのは少しもったいないです。
ですから、木目の美しさは欅には劣るものの、
堅さはそこそこある栃や栓(せん)、桜といった木を使用することが
一般的です。

こういうふうに、塗り方とあわせて素材を選ぶ、
というのも、漆器を制作する上で重要になってくるのです。

それでは今日はこのあたりで。

================================================
  あとがき
================================================

弊社で昨年度取り組んでいました、
海外市場を開拓する京都市のプロジェクトに
今年度も参加させて頂くことになりました。

フランスと上海の展示会に向け、
このプロジェクトのプロデューサーやフランス、上海のアドバイザー、
日本のプロダクトデザイナーと一緒に打合せも行い、
新商品開発への取り組みをスタートさせています。

弊社としては、昨年開発した「MOKU」シリーズを
よりブラッシュアップして、アイテムを発展させることになりそうです。

このプロジェクトでは、
一緒に取り組む他の伝統工芸のメンバーの方も含め、
いろいろな方との出会いや意見交換の場があり、
非常に刺激を受けることが多いです。

いろいろなアイデアを頂きながら、普段の生活で使って頂けるような
楽しくておしゃれな漆器を作っていければと思います。

また、このプロジェクトの進展をご報告することもあると思いますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

漆器マガジン バックナンバー (2013年9月2日号)

*********************************** 2013/9/2*****

創業文政年間
180年余の京都の老舗 漆器の井助
 ISUKE メールマガジン  2013年9月2日号
            http://www.isuke.co.jp/
**************************************************

今年は記録的な暑さの夏でしたが、
そろそろ秋の気配が感じられているでしょうか?

さて、今月のメルマガは

 ※ 9月のご奉仕品は、人気の夢ぼかしシリーズを!!

 ※ 今月の漆器の新商品 吸物椀を5点

 ※ 敬老の日のギフト特集

 ※ 京都展のお知らせ & 展示会のお知らせ

 ※ 漆器の豆知識
 
それでは、どうぞ。

=================================================
1.お買い得品、新商品、おすすめ商品情報
=================================================

○ 9月の特別ご奉仕!

 今月は、人気の「夢ぼかし」シリーズから3点を特別ご奉仕!!
 
 引き出物やギフトにもおすすめの盛鉢 ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-556.html

 おしゃれなデザートカップセット ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-543.html

 こんな時に思い切って購入したいワインクーラー ★30%OFF★
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/pot_dish/pot/MA-544.html

 その他、売切り特価品もご紹介しています。
 http://www.isuke.co.jp/campaign/service.html

○ 9月の新商品

 今月は、吸物椀に絞って5点をアップしました。

 形のおもしろく、手ごろな価格の吸物椀セット。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/cooked/G8-02905.html

 蓋と見返しにも絵柄の付いた吸物椀セット。
http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/cooked/G8-02901.html

 木製漆塗りで、豪華な蒔絵を描いた吸物椀の王道。
 http://www.isuke.co.jp/japan_ware/wan/cooked/G8-02303.html

 その他、新商品の一覧はこちらからご覧下さい。
 http://www.isuke.co.jp/special/newitem.html

○ 敬老の日の特集ページ

 上品で高級感のある漆器は、敬老の日のギフトにもおすすめです。

 そんなギフトにおすすめの漆器をまとめましたので、ご覧下さい。

 http://www.isuke.co.jp/special/keirou.html

=================================================
2.イベント・店舗情報
=================================================

<京都展のお知らせ>

9月からまた京都展に出展させて頂きます。

9月は、名古屋と広島の2箇所です。

詳細なスケジュールはこちらをご覧下さい。
http://www.isuke.co.jp/info/news.htm#saiji

<第39回漆器展示会のお知らせ>

来月になりますが、毎年恒例の井助の漆器展示会を開催します。

日時: 10/19(土)、20(日) 9時~17時
場所: 京都産業会館9F (四条烏丸西入 南側)

新商品や特別ご奉仕商品など、1000点以上の漆器を展示販売しますので、
関西近辺にお住まいの方や、ちょうどその時に京都へお越しの方など、
是非ご来会下さい。

内容の詳細は、次回のメールマガジンなどでご紹介いたしますので、
しばらくお待ち下さい。


=================================================
3.うるし・漆器の豆知識
=================================================

今回は、「漆器の素材」について、もう少しお話ししたいと思います。

実は漆器を販売していると、
「これ、何を塗っているの?」という塗りについての質問より、
「これ、素材は何?」と聞かれることの方が多いくらいです。

漆器の素材で最も一般的なのは、もちろん
「木」 なのですが、その他、
「木粉と樹脂の混合物の成型品」
(当店のサイトでは、「木粉加工品」と表現しています)、
「樹脂成型品」
(いわゆる、「プラスチック」と呼ばれるものです)
などがあります。

その他、布を漆で固めて成型する「乾漆」や、
竹や籐を編んで素地にする「藍胎(らんたい)」などもありますし、
ガラスや陶器に漆を塗る場合もありますが、
一般的には、木以外の素材としては、
「木粉加工品」や「樹脂成型品」が多いと思います。

元々、漆器は、もちろん木を素材にしていたのですが、
木だとどうしても製作できる形が制限されたり、
また製作できたとしても非常に手間がかかって高価になってしまう、
ということがあり、樹脂などの技術的な進歩もあって
型を使って素材を成型する
「木粉加工品」や「樹脂成型品」を使用するようになりました。

当店では、
素材の形の複雑さや価格面を考慮して、
「木」や「木粉加工品」(「樹脂成型品」は少ないですが)
を選択するようにしています。

サイトの商品詳細欄には全て素材を明記していますので、
それを確認頂ければと思います。

それぞれの素材の詳細については、
またの機会にご説明したいと思います。

それでは今日はこのあたりで。

================================================
  あとがき
================================================

少し舞台裏の話で恐縮ですが、
最近、連続して「当店の特徴やコンセプトは?」という
話題が持ち上がりました。

当初は、いろいろと場当たり的に私たちの思い入れなどを
挙げていったのですが、最終的には、
「京都の漆商からの歴史」
「デイリー仕様のモダン漆器」
「海外への取り組み」
というような内容にまとまりました。

もちろん、何となくは実感していた事柄ですが、
改めてまとめてみると、今後の方向性がより鮮明になって、
新商品の企画などにも繋がり易くなったかと思います。

今後も、このようなコンセプトで取り組んでいきたいと思いますので、
また皆様のご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。


===============================================

こちらのメールマガジンは、
・弊社のホームページにてお買い上げいただいた方
・メールマガジンページにてご登録いただいた方
に配信させて頂いております。

メールマガジンの配信停止を希望される方は、
下記ページにアクセス頂き、
配信停止の手続きをお願い致します。

http://www.isuke.co.jp/info/magazine.html

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

================================================


********************************
株式会社 井助商店

京都市下京区柳馬場通五条上る
TEL: (075)361-5281
FAX: (075)361-5285

E-mail: shikki@isuke.co.jp
ホームページ: http://www.isuke.co.jp/
********************************

井助のイベント・催事・展示会のお知らせ

商品カテゴリ

漆器をアイテムで選ぶ

漆器をギフトで選ぶ

漆器を用途で選ぶ

漆器をデザインで選ぶ

関連サイト


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

ページトップへ