About Isuke

井助商店外観

株式会社井助商店は、約180年前の文政年間に京都にて漆そのものを扱う漆商として創業しました。
その後、漆以外の塗料なども扱う他、現在では漆器の企画・販売も手掛ける、
いわば「うるし・漆器のエキスパート」として活動しています。
1996年より海外の展示会(ニューヨーク、パリ、上海など)にも積極的に参加する一方、
ホームページでの漆器販売も手掛けています。
2014年に、海外や日本のアドバイザー、デザイナーなどと連携し、新たな漆器ブランド「isuke」を立ち上げました。

www.isuke.co.jp

Toshiyuki Okino -Urushi producer-

沖野 俊之(Toshiyuki Okino) -Urushi producer-

株式会社井助商店の7代目。1967年神戸生まれ。
京都大学大学院 工学研究科応用システム科学修了後、1993年に大手鉄鋼メーカーに入社し、システム部門にて勤務。
井助商店の6代目社長(現会長 井上武雄)の長女と結婚したのをきっかけに、1998年に井助商店に入社。
それまでは理系の人間で全く漆器には接点がなく、入社後に初めて本格的に漆や漆器に触れ、
自身はその魅力にひかれていく一方で、世間では漆器が普段の生活からどんどん離れていく現状を目の当たりにし、
日本国内だけでなく海外も含め、漆器の新たな展開を模索してきた。
自ら「うるしプロデューサー」として、漆器の職人たちが持つ卓越した技(木の加工や漆塗り、蒔絵など)に、
現代のデザインの力を掛け合わせて、その魅力をシンプルに表現した新たな漆器のプロデュースを目指す。